有田名所巡り1 トンバイ塀

有田名所巡り1 トンバイ塀

トンバイ塀。

聞きなれない方もいらっしゃると思います。有田の古い町並みに見られるブロック塀です。

トンバイとは、耐火レンガのことです。トンバイの語源は諸説あるようで、中国語説だったり韓国語説だったり様々です。

この壁は、窯の内壁に使われていた耐火レンガをリサイクルして作られた壁になります。

窯はずっと使えるわけではなく、痛んだ耐火レンガは交換する必要があります。

その時、耐火レンガの廃材が沢山出るのですが、その廃品利用がこのトンバイ塀です。

写真を見ると、光沢のあるレンガが散見されますが、これは窯の内壁に使われていた為、焼き物の釉薬が付着して出来た光沢です。

トンバイ塀の役割の一つとして、周りからの目隠しがありました。

自分の窯の技法や絵付を、周りから見られないようにする為に、窯の周りを塀で囲んだセキュリティ対策でした。

今では、おしゃれな塀として観光客を楽しませてくれています。

場所はこちら